屋上防水の劣化の原因

防水がなぜ劣化するのか、疑問を抱く方もいると思います。
防水層の上を歩行などの余計な影響を一切与えていなくても、劣化は起こります。
新築の際に万全に施工を行った頑丈な屋上防水が、なぜ劣化してしまうのか。
理由をご説明します。

・紫外線の影響が非常に多い
太陽熱を多く浴びる部分のため、紫外線により防水材が侵されてしまい劣化してしまいます。

・雨水が溜まりやすい
屋上防水は勾配が緩いので、どうしても雨水が溜まりやすくなってしまいます。
雨水がたまると防水材が濡れてしまい、劣化が進んでしまう為に傷みが早くなってしまいます。

・汚れが溜まりやすい
屋上防水はメンテナンスで目に付きにくい部分なので、汚れが溜まりやすい部位です。
汚れが多く蓄積して防水材に悪影響を与え、防水材の傷みへと発展させてしまいます。

・下地のコンクリートは湿潤を好む
防水層の下地は保護コンクリートを打設しますが、
保護コンクリートというのは太陽熱や紫外線から建物を守る効果を持っており、
保護コンクリート内に水分を溜め込む性質があります。
そのため、防水層を常に湿潤状態にしてしまう傾向があり、
防水材の劣化が進みやすくなってしまいます。

・ルーフドレン部分は劣化しやすい
屋上内に溜まってしまった雨水を排水する為に、ルーフドレンを設置します。
ルーフドレン廻りの防水は劣化しやすいので何層にも念入りに施工をしていても、
接続されている防水部分のためどうしても劣化しやすくなってしまいます。

この様な理由により経年劣化で防水層は傷みだし、雨漏りへとつなげてしまうのです。

そのため、防水層には定期的なメンテナンスが必要となる訳です。
しかし、屋上防水は日常的に目にする部分ではないので、
メンテナンスが必要と理解をしていてもなかなか手を掛けられないお宅が多いのが現状です。

理想としては、10年を目安に業者に点検をしてもらい、必要な場合はメンテナンスを受ける事が大事となります。
適度にメンテナンスを受ける事で、雨漏りを起こさない快適な建物を維持できます。
メンテナンスコストを抑える事にもつながり、長持ちする建物にする事が可能となります。