屋上防水メンテナンスで長持ちさせる建物を作る その1

屋上防水は、素人にはわかりにくい部位と言われています。
屋上防水は、建物を上部からの雨風などからしっかりと守ってくれる、とても重要な部位です。
とても重要な建築工事の中の一部分でありながら、なぜか屋上防水工事という部分は
なじみが少ない傾向があります。
その理由をご説明します。

・目に付きにくい屋上部分のため
1番の馴染みが無い理由は、屋上に施工されているという事です。
屋上は日常的に目に付きにくい部分のため、特に素人には視界には入りにくいです。
同じ建物の外部でも、外壁は人の目線に上にある部分のため、建物に興味が無い方でも自然と目に付きます。
加えて、実際に工事を行っている状態を目にする事も多くあります。
屋上は生活の過程にて目にしにくい部分のため、忘れられやすい部位となっています。

・屋上防水は10~20年に1度程しか工事を行わない
屋上防水の寿命は、防水の種類によりますが10~20年程度です。
そのため、記憶に刻みにくく忘れやすい部分と言えます。

・特殊な工事なので関心を持たれない
防水工事というのは特殊な工事のため、一般の方にあまり関心を持たれない工事とも言われています。
いざ工事を行ったとしても、お客様が一度も状態を確認をしないまま工事が終了してしまう事も少なくありません。

建物の外部といえば外壁にばかり目が行き、数年ごとに外壁の改修工事を行うご家庭も少なくありません。
外壁ももちろん大事な部位ですが、建物上部からの不具合による影響は即座に生活に支障をきたす厄介なものです。
少しの雨漏りでも即座に建物に影響を与えてしまうため、屋上防水は本来頻繁にチェックしなければいけない部位という事になります。