環境に優しいポリマーセメント系塗膜防水 その2

ポリマーセメント系塗膜防水には様々な魅力について、続いてご紹介します。

・様々な部位に採用出来る防水
塗膜防水のため、様々な部位に採用する事が出来る便利な防水です。
屋上をはじめ、急こう配屋根、ベランダ、バルコニー、外部廊下、サッシ廻り、厨房、電気室、
ボイラー室、浴室、トイレ、地下外壁等、様々な部位に使用する事が出来るマルチな防水です。
狭い部分や凹凸が激しい部分でも、綺麗に納めて使う事が出来ます。

・カラーバリエーションが豊富
防水といえば暗くて地味な印象のカラーばかりですが、ポリマーセメント系塗膜防水は防水層の中では、
カラーバリエーションが多い防水と言えます。
グリーン系やグレー系だけではなくレッド系もあり、オシャレな防水層とする事が出来ます。

・廃材が発生しにくい
塗膜防水のため施工の際も既存の塗膜撤去の際も、廃材の量を出しにくいという大きなメリットがあります。
余計な廃材を増やす事がないので、現代の環境を考える時代には非常にふさわしい防水と言えます。

・薄い厚みの防水材なので余計な荷重を建物に与えない
塗膜防水のため、防水の中では薄い厚みの防水層となります。
工程により、0.8㎜~1.6㎜程度の厚みとなります。
薄く軽い塗膜で、建物に余計な荷重を与えず耐震性に富んだ建物とする事が出来ます。
大地震が多い日本では、屋根部分の荷重を少なくさせる事は1番の理想と言えます。

・防水層の仕上げの種類が多い
防水層の仕上げは、非歩行用仕上げ塗材や軽歩行用仕上げ塗材、セメントモルタル、
薄塗り型ポリマーセメントモルタル、保護緩衝材の5つの種類があり、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。

このように、今までの防水行為とは違い様々なメリットがある防水です。
素晴らしい材料と素晴らしい工程で施工ができる理想的な防水と言えるでしょう。