環境に優しいポリマーセメント系塗膜防水 その1

屋上防水工事には様々な種類がありますが、どの防水も有機溶剤等と隣り合わせになってしまうのが大きな難点と言えます。
ホルムアルデヒドなど様々な有機溶剤が問われている中、余計な被害が少ない防水を採用したいものです。
そんな屋上防水の中でお薦めなのが、ポリマーセメント系塗膜防水です。
ポリマーセメント系塗膜防水は、あまり聞きなれない名称の防水と思わがちです。
しかし、その歴史は非常に長く、30年以上の長い歴史がある防水工法です。
ポリマーセメント系塗膜防水には様々な魅力があります。

◆基本的な特徴
・有機溶剤を一切含んでいない防水
ポリマーセメント系塗膜防水とは、セメント系のパウダーとエマルション樹脂を合わせた材料から成り立っており、
有機溶剤を一切使用していない防水です。
特定化学物質障害予防規則の配慮を必要としないので、安心して採用が出来ます。
無機質な水系の防水材であり、配慮に適した防水となります。
様々な溶剤系の防水材が多い中、とても画期的であり現代にふさわしい防水材です。
もちろんF☆☆☆☆ですので、安心して採用が出来ます。

・施工の際にも有機溶剤などの不純物を一切使用しない
防水の施工といえば、火気や有機溶剤などの危険な物を使って行う事が定番ですが、
ポリマーセメント系塗膜防水材は、火気や有機溶剤などの危険な物は一切使用しません。
その為、引火性やガス中毒などの心配は一切ありませんので、
作業周囲や施工作業上での安全性の向上を図る事が出来る、まさに理想的な防水材です。

・耐久性が高い防水
無機質の材料を使った防水なので、優れた耐久性を発揮する事が出来ます。
また、密着材が高い防水ですので、はがれにくく頑丈な防水とする事が出来ます。
様々な外的刺激に負けずに長持ちするので、メンテナンス費用が掛かりにくい防水と言えます。

魅力は他にも、完成後の美観が良さ・カラーバリエーションの豊富さが挙げられます。
詳しくは次回ご紹介します。