墨田区の防水工事

墨田区で良い防水業者がないかと思い、調べてみました。
ちょっと検索するだけ、6社ほど出てきました。
忙しいサラリーマンに、家族サービスを削ってまで6社もの対応はしたくありません。

しかし、どこも良いことを書いていたりでどこに依頼して良いのか迷ってしまいました。
こじんまりした方がいいのか、中堅どころがいいのか。

業者選びは、ギャンブルといいますか、当たるのか外れるのかは運次第なところがあります。
仮に外れたとしたら、当たるまで業者を探して依頼しつづけるほど暇ではありません。

さて、調べた中に、外壁塗装と防水業者紹介サイトもありました。
最近、よく見かけます。
外壁塗装業者でも、防水工事は出来るのか?という疑問はありますが、案外、できるのでしょうか?工事内容は似ているような。
でも、外壁と屋上って、建物の構造がそもそも違うような気もします。
迷いましたが、防水工事の専門家の方が良い気がします。

墨田区の隣の葛飾区とかも併せると、さらに業者の数が増え、選ぶ範囲が広がってしまいます。

ギャンブル的に片っ端から電話するよりも、ちゃんと審査してくれる会社が良いので防水専門の業者を紹介してくれるサイトをご紹介します。
我が家では、シート防水を施工することになりました。

防水業者紹介サイト:シート防水

チェックしてみると、加盟するための審査もかなり厳しいようです。
しっかり審査してくれるなら、勝つ確率が上がるかなと期待。

利用料は無料のようなので、墨田区で防水工事を検討している方も墨田区ではない方も相談してみても良いのかもしれません。

ウレタン防水絶縁工法 その1

マンションの防水工事にはいろいろなやり方がありますが、実家のマンションではウレタン防水絶縁工法という方法で行いました。
ウレタン防水の中でもこの方法は、防水層を下地に完全に密着させるわけではなく、少し空気の通れる隙間を空けるのが特徴です。
それにより、ひび割れが発生するリスクを軽減できますし、地震などの揺れにも強いのだそうです。

特に、最近は地震が頻発していますので、小さな揺れが何度も起こることにより建物にひびが入り、防水層もダメになってしまう事例が多そうです。
そのため、絶縁工法で防水層を作っておいた方が、マンションが長持ちするのではないかと思います。
また、ウレタン自体が軽い素材ですので、建物に余計な負荷がかからないというメリットもあります。
やはり、地震のときには建物の上部に重量があるのは危険ですから、少しでも軽い素材を使っておいた方が安心です。
ただ、初期費用は他の工法より少し高めだそうです。

それでも、一度絶縁工法で作ってしまえば、次に防水のメンテナンスをするときの費用は軽減できるそうなので、トータルとしてはそこまで割高ではないと思います。
今の防水工事ではウレタン防水が主流ですが、様々な側面から考えて効率的な素材としてウレタンの人気が高まっているのだと思います。