ポリマーセメント系塗膜防水

環境に優しいポリマーセメント系塗膜防水 その3

ポリマーセメント系塗膜防水の工程は決して面倒ではありません。
今回は施工の流れを説明します。

・下地清掃
防水の密着を強固にする為に、ホコリやゴミなどの不純物を綺麗に取り除きます。
ケレンにて凹凸を無くし清掃をし、ほうきや場合によっては掃除機も併用し綺麗にします。

・下地処理
鉄筋コンクリート下地のジャンカや木コン、セパレーター等を綺麗に取り除き、
樹脂モルタルを利用して欠損部分を綺麗に平滑とします。
その後、専用の補修材を用いて補強塗りを行います。

・乾燥
下地処理が終わった後、十分に乾燥させてから防水工程に移ります。

・プライマー塗布
専用プライマー液を所定通り希釈して作り、ローラーを用いて均一に塗布します。
1~2時間のオープンタイムがあるため、必ず守って次の工程に進むことが重要です。

・防水材塗布
所定の通りに撹拌した防水材をローラーや刷毛を用いて塗布し、
専用のクロス材を敷設しその上から再度防水材を塗布します。
これらがきちんと硬化した事を確認した後、上塗りとして防水材を更に上塗りします。

・保護塗料塗布
塗料を良く撹拌し、ローラーや刷毛を用いて均一に塗布します。

・養生
防水材が十分に硬化するまで、養生を行います。
十分に硬化する前に触れてしまうと防水層が損傷してしまうため、
完全に硬化するまでは防水層に触れないように注意が必要です。
防水施工完了後24時間以内に雨が降る恐れがある場合は、作業を中止しなければいけません。

普及している防水にも様々種類がありますが、独特の臭いを発することから
近所への配慮など気になってしまう方も少なくないようです。
ポリマーセメント系塗膜防水は、臭いの心配が無い防水のため、
住宅密集地であってもおすすめ出来る防水です。