防水工事と防水塗料

マンション外壁の防水工事と防水塗料 その5

前回、防水工事と防水塗料などの施工時期について説明をしました。補修工事などの施工時期は一般的に春か台風前の秋が適していますが、しかし日本の地域ごとにより、気温や湿度は異なります。そのため、全てが先に解説した内容に該当する事は難しいことがうかがえます。
外壁塗装で適している条件は①気温15度~30度②湿度が65%以下の環境には向いているといわれており、この2点の条件に該当する季節が春と秋ということからこの時期の施工がベストシーズンとされている背景があります。また防水工事に関しても冬場は乾燥し凍結、結露の可能性が高いため冬場の施工は避け、夏場は防水シートが伸びてしまい冬場に縮むことも考慮し夏場の施工は難しく、一般的には春か秋が最適な時期と推奨されています。しかし、防水工事に関しては防水工法やメーカー側が推奨する防水工法などにもよりますので一概にはこれら内容に該当するということもありません。
また、ベストシーズンとされている春や秋の場合、春は不安定な天候が多く、秋は台風の時期のため施工が進まない日が続く影響で、工期が伸びる可能性も少なくありません。
このように、メリットとデメリットを踏まえたうえで、防水工事や補修工事などの最適な時期や環境を見分けることが、もっとも大切なポイントとなります。