防水工事と防水塗料

マンション外壁の防水工事と防水塗料 その3

日本には四季があります。爽やかな気候の春に長雨続く梅雨の季節を過ぎると、高温多湿な日本の夏、空高く過ごしやすい気候が続く秋、寒気団の範囲が広がり乾燥が続く冬と、このように日本には熱帯的気候と寒気的気候が共存していることから四季がうまれ、そしてこれまで日本の文化が育まれてきました。また、日本人の生活様式も四季にあわせ日本の風土に適した素材や材質を使用することは至極当然のこととされています。
外壁の補修工事や防水工事に関しても本来の目的は日本の風土に適した、防水効果の高い素材や材質を用いて建物内部に雨や湿気などを侵入させないことが大切なのです。
そのため外壁塗装では先に説明した通り、塗料にはいくつかの種類があり耐久性や機能性によっても異なります。防水効果の高い防水塗料を使用することは大切なポイントの一つとなります。防水に必要な高弾性を有し、紫外線に強く高耐久性で日本の風土に最も適している「ピュアアクリル塗料」は不純物を一切除去したアクリル100%の樹脂が使用され耐久年数10年~15年は持続するといわれています。トータルバランスに優れているピュアアクリル塗料は純度の高い樹脂を使用した水性塗料であることから冬場の施工には向かず、工期が長くなるという点もあり環境や時期を選ぶ塗料の一つですが、ピュアクリル塗料の需要は年々伸びています。