「かぶせ工法」と正しい業者

「かぶせ工法」と正しい業者の選び方

前回は、防水層の状態を見ずに、かぶせ工法を勧める悪徳な手口をご紹介しました。

また、かぶせ工法を1回しか行えない理由は他にもあります。
防水層が重なりすぎると建物の頭が重くなり、耐震性が低い建物になってしまうことです。
地震時に対する建物への影響に大きな負担がかかってしまい、被害が膨大になってしまう事があります。
このようなことが決してないよう、業者選びも慎重に行いましょう。

防水工事は、とても難しい工種です。
その為、訪問業者等の信用性が低い業者には依頼してはいけません。
防水工事のメンテナンスは、防水工事に詳しい業者に依頼しましょう。
会社名に防水という文字が入っている会社や、建設会社や工務店、リフォーム会社など
防止工事に富んでいる業者を選びましょう。
特に、官公庁の工事を行っている業者は、防水のメンテナンスに対して非常に詳しいです。
防水の状態により似合った工法を提示してくれますので、適した防水工法でメンテナンスが出来ます。

屋上防水は、建物の上から建物を守ってくれる大事な部分です。
せっかくのいい建物でも、屋上防水で建物を守れなくなったら劣化が激しくなり
寿命に大きな影響を与えてしまいます。

防水を良い状態にする事で、建物の寿命を長くさせる事が出来ます。
ご自分の建物を長く快適に使う為には、防水のメンテナンスと防水業者選定はしっかり行うようにしましょう。